Q&A

Q1 「まもなく3歳になるというのに、トイレを嫌がって困ります」

A:おむつ外しは、いつの時代も、親御さんの悩みの種となっていますね。かくいう私も、うんちをしたくなるとカーテンの陰に隠れるわが子に、何度「もうっ!」と腹を立てたことでしょうか。
しかし、嫌がるお子さんを無理にトイレに連れて行っても、効果はありません。

以前、勤めていた園でのことです。T君は、もう3歳になっていました。今まで、「トイレにいきなさい」と、親御さんからも先生からも度々言われていたのでしょう。私が担任を持ったときには、すでにトイレが大っ嫌いになっていました。もう3歳過ぎていましたから、周りの子がトイレで排泄していることは知っています。みんなの様子を横目で見ながらも「ぼくはいかないもん」という意思を感じましたので、特にこちらからは声をかけず、「トイレに行きたい時は声をかけてね」という声掛けにとどめることにしました。

保育園では、適宜「途中でトイレに行きたくなると困るから、行きたい人は今、行っておいでね」と声をかけます。都度、トイレに行く友だちを横目で追うT君。その様子に変化が見られたのはどれくらい経った頃でしょうか。友だちの後を追いかけて、トイレを覗きにいくようになったのです。
何回か、トイレを覗いているのを見かけた私は、ある日、「トイレに入る?」と声をかけました。
すると「うん」とすんなりトイレに行き、排尿しました。出てきたときの照れくさいけど嬉しそうな顔は忘れられません。
子どもの行動には、いつも理由があると思います。T君の本心はわかりませんが、やはり、いつまでもおむつをしていることは、子どもながらに恥ずかしかったのでしょうね。子どもさんがトイレを嫌がるようになったら、とにかく、無理強いはしないで様子を見守りましょう。いつかはとれるはずですから。

一般的なトイレトレーニングに関しては、「子育てキーワード‘トイレトレーニング」をご覧下さい。