Q&A

Q2 「食事を落ち着いて食べることができません。すぐに立ち歩いたり遊び始めます」

A:食に関しては、個人差が大きく、全ての事例に当てはまるわけではありませんが、今までの体験から、改善例をお話させていただきます。

一つ目は、大家族のお母さんからの相談でした。お子さんがたくさんいらしたので、家事も並大抵な量ではなかったようです。子どもたちに食事をさせながら、お母さんは、洗濯機を回しにいったり、麦茶を作ったり、お風呂の用意をしたり・・
とにかく、お母さんが食事中、家事のために立ち歩くのですね。子どもたちは、お母さんの後を追ったり、遊びにいったり
食事に集中していないようでした。そこで私は、お母さんに、食事中は立ち歩かないで欲しいとお願いしました。お母さんは、しばらく考えた後、「わかりました、やってみます」と言ってくださいました。
そして、翌日、「私が立ち歩かないと子どもたちも立ち歩かないのですね。」と嬉しそうに報告してくれました。

別の例では、ご家族が自営業をされていて、子どもさんはひとり、テレビの前で食事をしていたそうです。このお母さんにも、お忙しいとは思うのですが、食事中だけでもお子さんと一緒に食卓を囲んでいただけますか?と話しました。このお子さんも、すぐに改善しました。

食の細いお子さんに関しては、食事をいつまでも出しておかずに、立ち歩くようでしたら片付けていただくようお話しました。「もうごちそうさまかな?」と聞いた上で、まだ食べるのなら「座って食べようね」と声をかけ、食べないというのであれば、「それじゃ、ごちそうさましようね」と区切りをつけることで、ある程度座っていられるようになったようです。
あてはまる事例がない場合は、保育園や幼稚園の先生にご相談ください。違う体験談を聞けるかもしれません。