病気とケガ

発熱時の配慮 

発熱時の配慮 

発熱時の配慮

何とか熱を下げようと必死になるよりも、子どもができるだけ快適に過ごせるように配慮しましょう。
昔は熱が出た時は、どんなに暑くても布団にくるまって思い切り汗をかくと熱が下がるなんて思われていましたが、あまり効果があるわけではないようです。また、乳幼児にとってはただ辛いだけです。子どもの様子を見ながらできるだけ快適に過ごせる工夫をしてください。

熱の出始め

大人でも同じですが、熱の出はじめで熱が上がっている時には、寒気や悪寒がしてとても寒いことがあります。
子どものからだがふるえているようであれば、布団を多めにかけるなどしてからだを温めてあげてください。

部屋の温度は適温に

熱があっても部屋の温度を上げ過ぎないようにしましょう。
熱の出始めは寒くても、熱が上がりきってしまうと今度は暑くなることがあります。子どもが汗をかいていたり、暑そうだったら、1枚布団をとったり、服を1枚脱がせたりして、子どもが快適だと感じるように配慮してください。

水分をとる

発熱するといつもよりからだから水分が失われやすくなります。
脱水症状を予防するために、意識して水分を多めにとらせてあげてください。甘いジュースなどよりも麦茶や湯冷ましの方が良いのですが、子どもが好むならアイスクリームなどで水分を補っても良いでしょう。

着替えをこまめに

汗をかきやすいので、肌着などはこまめに着替えをして清潔を保ってください。
汗でぬれた服を着ているのは気持ちが悪いですし、ぬれた服は体温を奪ってからだにも良くありません。

頭を冷やすのは?

水枕などで頭を冷やしても、熱が下がる効果はあまりないと考えられていますが、冷やすことで子どもが気持ちいいのであれば冷やしてあげても良いでしょう。市販の畜冷剤(アイスノン、熱さまシートなど)も同様です。

▲ ページTOPへ