病気とケガ

とびひ(伝染性膿痂疹:でんせんせいのうかしん)

とびひ(伝染性膿痂疹:でんせんせいのうかしん)

とびひ(伝染性膿痂疹:でんせんせいのうかしん)

虫刺されや擦り傷など、皮膚の浅くて小さい傷に黄色ブドウ球菌が感染し、菌がつくる表皮剥脱毒素(ひょうひはくだつどくそ)という毒素によって皮膚の浅いところに水疱ができることがありますが、これを”とびひ”と言います。
とびひは、黄色ブドウ球菌や連鎖球菌が皮膚の浅い部分に感染し、水疱や膿疱(のうほう)をつくる化膿性の病気です。
黄色ブドウ球菌が原因の時は水疱ができるので、水疱性膿痂疹(ブドウ球菌性膿痂疹)と呼ばれ、連鎖球菌が原因の時(黄色ブドウ球菌との混合感染のことも多い)は膿疱や厚い痂皮(かひ:かさぶたのこと)ができるので、非水疱性あるいは痂皮性膿痂疹(連鎖球菌性膿痂疹)と呼ばれています。
とびひは、細菌で起こる皮膚の病気の中で最も多い病気です。
水疱性膿痂疹は0~6歳の乳幼児に多く、主に夏季に発生します。
痂皮性膿痂疹は水疱性膿痂疹よりかなり少なく、季節や年齢に関係なく発症しますが、アトピー性皮膚炎をもつ人にできやすい傾向があります。
虫刺されや擦り傷が、なかなか治らない、あるいは悪化しているというような場合は、早めに皮膚科を受診するようにしましょう。

▲ ページTOPへ