病気とケガ

熱中症

熱中症

熱中症

特に夏の時期、高温、高熱の環境で、エネルギー消費の高い活動をしていると、循環系や水分・塩分の代謝系の失調が起こり、体温調節機能の失調を起こします。
こうした一連の生理機能の急性障害をひとまとめにして、熱中症といいます。保育園では、運動会、遠足などの屋外活動の時だけでなく、普段の園庭遊びやプール遊び、室内活動中でも起こることがあるので、見逃さないよう注意が必要です。
発症しやすいのは、環境要因としては高温多湿、急激な温度上昇(梅雨の晴れ間)、風が弱く、日差しや照り返しの強い時などで、真夏に限ったことではありません。からだの側の要因は、体調の悪い時、睡眠不足。あまり動かず体力のない子や肥満傾向のある子も要注意です。

熱中症の症状

男の子

夢中になって遊んでいると汗びっしょりになるのは、体温調節の正常な働きです。
但し、動きが鈍くなる、だるそうにしている、元気がない、不機嫌になる、
ぐったりしている等の症状があると要注意です。
さらには、吐き気や嘔吐、顔面が蒼白から紅潮、頭痛、筋肉痛を訴えたりします。
注目すべきは、汗をかいているかと、オシッコは出ているかです。これらがない場合は脱水症の可能性が高いといえます。
さらに進行すると、体温が急に上って40℃以上になったり、意識がもうろうとしたり、呼びかけても返事をしない、うわ言を言うなどの意識障害や痙攣、呼吸不整、血液の循環が悪くなり、顔色が蒼白になることも・・。
喋ることができる年齢なら喉が渇いたと言えますが、乳児や1、2歳児の子は自分からは訴えられないので、よく注意して、頻繁に水分補給をさせるようにしましょう。

熱中症の対処

鼻血の時の対応で、よくおこなわれている以下の対処法は、間違いなのでおこなわないようにしましょう。

コップ

  1. 涼しい場所に移動して、衣服をゆるめて休ませます。
  2. 顔面蒼白なら足を高くして、仰向きに寝かせます。できれば体温をはかり記録しましょう。
  3. からだを冷やします。後頭部、頚部、そけい部、脇の下など複数個所冷やしましょう。
    あわせて、皮膚を濡らしてウチワや扇風機で風を送るのも効果的です。
  4. 水分補給をしますが、意識がもうろうとしている時は、特に誤嚥に気をつけましょう。
    唇を濡らす程度の水分を、少しずつ試しながら進めてください。無理に流し込んだりしないように。意識がはっきりしていても、少量(30→50→100ml…)を頻回(嘔気、嘔吐がなければ10分おきくらいでも)に、を原則にしましょう。ゴクンと飲み込んだことを確かめます。冷蔵庫から出したての冷たい水を一度に沢山飲むと、胃痙攣を起こすことがあるので気をつけましょう。
  5. 意識障害や汗をかいていない等、重症の可能性があれば、救急車を呼びましょう。
▲ ページTOPへ