こんな時どうする?

突発性発疹

突発性発疹

突発性発疹とっはつせいほっしん

生後4ヶ月から1歳頃までに多く、ヒトヘルペスウィルスというウィルスに感染して発病します。代表的な症状は発熱と発疹です。
急に発熱することが多いので、カゼと間違えやすいですが、咳や鼻水など発熱以外の症状はあまりありません。
お母さんからもらった免疫が少なくなることでかかりやすくなります。また、季節に関係なくかかる可能性があります。
この病気によって、生まれて初めて発熱を経験するということもあり、お母さんにとっても、わが子の初めての発熱でとても不安になるかもしれませんが、突発性発疹とっはつせいほっしんは、かかってもそれほど心配する必要はありません。
高熱(39~40度になることも)が3、4日続いたあと、急に下がり、同時に小さな赤いプツプツとした発疹が出ます。からだの発疹は2~3日で消え痕も残らずきれいに消えます。熱がでて、3日目ごろに下痢をしたり、発疹が出てから下痢をしたりすることがあります。
高熱が出るわりには元気なのが特徴で、不機嫌にはなりますが、ひどくぐずったりすることは少ないものです。

対応

  • ワクチンがなく予防法も特にないが、適切な対応をすれば心配する必要はない病気
  • 高熱が出たら、できれば受診する。自己判断で風邪薬や解熱剤を使わない
  • 発熱している時は、脱水症の危険性が高くなるので、水分摂取を心がける。ただ普通にミルクを飲んでいれば脱水症の危険性は低い
▲ ページTOPへ