子育てキーワード

うつぶせ

うつぶせ

うつぶせ

生後3ヶ月を過ぎた頃から首がすわってきます。但し、首がすわる時期も個人差があり、4~5ヶ月頃になる子もいます。また3ヶ月頃から首がすわるようになっても、安定するのは5ヶ月を過ぎるころからといわれています。
首がすわってくると、うつぶせの姿勢で少し頭を上げることができるようになってきます。このような動きがハイハイにつながっていきます。また視野や遊びが広がることにつながるので、あかちゃんがイヤがらないのであればたまにうつぶせにしてあげてください。
但し、あかちゃんの中には「うつぶせ」になることを嫌がる子もいますので、そんな時はムリにうつぶせにする必要はありません。
古くなったバスタオルや毛布などをくるくると巻いて、ロールクッションをつくり、それを腋の下に置いてあげると、上体が上がりやすくなり、うつぶせの姿勢をとりやすくなります。

また、うつぶせにする時は、からだが埋もれないように少し硬めの布団の上の方が良いでしょう。
うつぶせのまま眠ってしまうと、乳幼児突然死症候群(SIDS)の危険性が高くなるといわれているので、うつぶせにした時はできるだけ目を離さないで見守ってあげてください。

先輩ママの体験談
我が家の子どもは、寝返りより先にお座りを好み、うつぶせを極端に嫌がりました。
ぷくぷくと太っていて、うつぶせにするとおなかが苦しかったようです。結局、寝返りをしたのは生後8ヶ月。うつぶせを好まないからといってあまり気にしないでくださいね。そのうちできるようになります。
▲ ページTOPへ