子育てキーワード

これなぁに?

これなぁに?

これなぁに?

1歳から2歳にかけて子どもの知的好奇心は大きく増します。見たものを何でも「これなぁに?」ときいてきます。
何度もしつこくきかれると、「もう、同じことを何度もきかないで」と言いたくなりますが、こうして何度もきくことが成長につながっているので、できるだけ答えてあげてください。
もし、知らないことをきかれてもあせる必要はありません。「知らない」と答えるのではなく、見たままに返してあげましょう。「何だろうね、きれいだね」「キラキラしているね」等々。
また、この時期は自分でも簡単な質問に答える力がついてきます。時にはおかあさんから「これ何だっけ?」ときいてみてください。
「リンゴ」や「ミカン」と答えられた時には、得意げにキラキラした笑顔を見せてくれることでしょう。
そして、「これ何?」「あれ何?」の次には、「なんで?」「どうして?」が始まります。
「なんでごはん食べるの?」「なんでお月さんは丸いの?」「どうしてダメなの?」等々…。
難しく理詰めで正確に答えようとするより、子どもとの会話を楽しむという気持ちで答えてあげましょう。

▲ ページTOPへ