子育てキーワード

ごっこ遊び

ごっこ遊び

ごっこ遊び

3歳を過ぎると「ごっこ遊び」に夢中になる子が多いようです。
おままごとや、電車ごっこ等がありますが、ぬいぐるみなどを相手におかあさんなど大人のしぐさや言動をまねることもあります。
こうやってまねをすることで、人やものの理解を深め、身の回りのことを学習していくのだと考えられています。
お祭りに連れて行ってもらった翌日、保育園でものを売っている人をまねたり、太鼓を叩く人のまねをしたりする子もいます。
いろいろな経験をさせてあげたいものですね。

先輩ママの体験談
3歳を過ぎてから、ぬいぐるみを相手によく私の言っていることのまねをするようになりました。
ある日、公園でお友だちのママたちと一緒にいる時、娘がぬいぐるみに向かって「ダメねぇ○○ちゃんは、いけないって言ったでしょ!」と始まってしまいました。明らかに私のまねをしているのがわかって顔から火が出るくらい恥ずかしかったです。周りのママたちもどうしていいかわからず、苦笑い…。
後から「子どもはよく見てるんだなぁ」と変に感心し、それからは子どもとの会話に少し注意するようになりました。
私も子どもから教えられてるのですね。
▲ ページTOPへ