子育てキーワード

がまんする

がまんする

がまんする

4歳頃は、ひとり遊びから周りに関心を示し、友だちと一緒に遊び始める時期です。
それまでは、友だちと同じ場所で遊んでいても、それぞれ別の遊びをしていることが多いのですが、3歳を過ぎると、少しずつ友だちとの関係にも目が向かうようになってきます。
まだまだ「自分で」と主張しますが、一緒に遊ぶことの楽しさも覚え始めて、一緒に遊びたいから「少しがまんする」「ルールを守ろうとする」ということが始まってきます。
但し、がまんできるのは本当に「少し」です。この少しのがまんを認めることから始めてください。少しのがまんを繰り返すことで、がまんの容量が増えてきます。
友だちと一緒に遊んでいると、言い合いになったり、ケンカになったりしますが、これらを通じて友だちとの関わり方を学んでいきます。友だちとのトラブルの時に、少しガマンできた時には「がまんしたんだね」と認めてあげましょう。お母さんの優しい言葉かけに泣きだすかもしれませんが、がまんできた自分を誇らしく思うことができるはずです。

▲ ページTOPへ