発達と子育て

5~6ヶ月

5~6ヶ月

生後5~6ヶ月

中には、うつぶせの状態から寝返りができるようになる子もいます。(【うつぶせ】参照)

はじめての寝返りでは本人がびっくりして泣き出すことがあります。また、ベッドの上で突然寝返りをして転落するという事故もあります。そばを離れるときには柵をあげる。ベッドではなく布団に寝かせるなどの注意が必要です。
少しの間ですがおすわりもできるようになる時期です。まだまだ不安定なので転がっても大丈夫なように、クッションなどをまわりに置いてあげましょう。
からだの動きが活発になり、さらに何でも手で触ろうとする動きが増えてくるので、危険なものは手が届くところには置かないようにしましょう。
この頃から乳歯が生え始める子もいます。(【乳歯】参照)
そろそろ、離乳食のことを考え、準備を始める時期でもあります。5ヶ月を過ぎた頃から、離乳食の準備として、ミルク以外の汁物を与えたり、スプーンになれたりすることで、離乳食の準備を始めましょう。

  • 寝返りをし始め、うつぶせを嫌がって泣くことがある
  • 腹ばいになって、腕で上半身を支えられるようになる
  • わきの下を支えて立たせると、両足で床を蹴るようなしぐさをする
  • 自分の足で遊んだり、足を口に持っていこうとする
  • 乳歯が生えてくる子もいる
  • 大人の声を聞いたり、自分から声を出したりするようになる
  • 5ヶ月くらいになると、うつぶせから仰向けに寝がえりをすることもある
  • 離乳食は初期食で、1日1回を離乳食に
▲ ページTOPへ