発達と子育て

9ヶ月~1歳未満

9ヶ月~1歳未満

生後9ヶ月~1歳未満

つかまり立ちが始まる時期ですが、まだまだ不安定なので、注意が必要です。
つかまり立ちが安定してくると、少しずつ何かにつかまって歩こうとするようになります。これがつかまり歩き(伝い歩き)です。
軽いものにでもつかまって歩こうとするので、転んでケガをしないよう手押し車等を用意してあげましょう。(【つかまり立ちとつかまり歩き】参照)
意味のある言葉(「マンマ」等)が出はじめます。
短い記憶力がついてきて、「いないいないばあ」などの遊びが楽しくなります。あかちゃんが喜ぶならたくさん遊んであげてください。

  • ハイハイからお座りへと移れるようになり、後半はつかまり立ちをし始めるが、不安定で、疲れてくるとドシンと尻もちをついてしまう
  • つかまり立ちが安定してくると、家具につかまって立ったり、座ったり、つかまり歩きをしようとする
  • カタカタ等の手押し車、イス等大きなものにつかまって歩くようになる
  • 指先が発達し、ものを置いたり、投げたり、箱からものを出し入れしたり、といったように、意識的にものを手から放すことができるようになる
  • 意味のある言葉が出はじめ、少しずつ数が増えていく
  • 短い時間ですが、見たものを覚えることができるようになってくるので、「いないいないばあ」のように、目の前から消えたものを記憶して楽しむ遊びを喜ぶようになる
  • 「好き嫌い」、「快不快」などの感情が表に出て、わかりやすくなってくる
  • オムツを替えたりする時に、自分の意思で手足を動かし、協力しようとする
  • 離乳食は後期食で、1日3回離乳食に
▲ ページTOPへ