発達と子育て

6歳

6歳

6歳

複雑な手の動きができるようになり、ハサミなどの道具を使い、さまざまな表現を楽しむようになってきます。(【工夫して表現する】参照)
さまざまな経験を通して、達成感を味わい、そのことが自信につながるようになっていきます。(【達成感と自信】参照)
同時に、全てが自分の思い通りにならないことも理解し、状況によって自分自身をコントロールする力がついてきます。(【自己コントロール】参照)

心身の発達
  • さまざまな運動器具や遊具を使いこなせるようになる
  • サッカーやドッジボールなど、走りながらボールを蹴る、ボールを投げ、転がるボールの動きを目で追ってキャッチする等ができるようになる
  • ハサミで複雑な形に切る、かた結びをしてほどく、あやとりをするなど、複雑な手の動きでの遊びができる
  • いろいろな用具や材料を工夫し、自分がイメージしたように描いたり、ダイナミックな表現や細かい制作をしたりして楽しむことができる
  • 文字に興味を示し、読み書きしようとする
  • 社会や自然に対する理解が進む
  • 友だち間で通用する約束事ができ、それを守ろうとするようになる
  • 集団遊びが活発になり、試行錯誤しながら遊ぼうと創意工夫する
  • 達成感、自分への自信をもつようになる
ワンポイント
アドバイス
  • 小学校まであとわずか・・不安になることがあるかと思いますが、まずはひと通り身の回りのことができていれば大丈夫です。しいて言えば、自分の名前が読め、時計が読めるといいかもしれませんね。
  • 小学校で、人の話を聞けない。授業中座っていられない子がいる話をよく聞きますが、人の話に興味を持てない子にとって、座って先生の話を聞いているのは苦痛でしょう。でも、学校は本来いろいろと新しいことを教えてくれる楽しい場所のはずです。・・保育園や幼稚園では絵本の読み聞かせを必ず取り入れています。人の声で聞くお話の心地よさ、お話を聞いてわくわくする体験をたくさんして、想像する楽しさを味わって欲しいからです。人の声や話が楽しいことを存分に体験した子どもは、先生の話にも興味を持つのではないでしょうか。ぜひ、ご家庭でもたくさんの会話や絵本の読みきかせをしてあげてください。
▲ ページTOPへ