子どもと遊び

休みの日には

休みの日には

休みの日には

仕事がお休みの日など、おかあさんやおとうさんが少しまとまって時間がとれるようなら、いつもは行けない場所に行ってみたり、ふだんできないことにチャレンジするなど、子どもとの時間をたっぷりとってみてはいかがでしょうか。

おかあさん、おとうさんにとっても、仕事を忘れてリフレッシュする良い機会になるかもしれませんよ。

遠出する
img-play-05-001.jpgimg-play-05-002.jpg

ふだん行けない所まで遠出してみましょう。

近所の公園よりずっと広くて、自然がいっぱいある公園

電車やバスに乗って、動物園や水族館

空港や駅に行って、大きな飛行機や電車を眺める

他にもたくさんあるでしょう。子どもにとっては、初めて見るものばかりで目を丸くするかもしれませんね。

但し、何にでも興味をもつとは限りません。押しつけることなく、いろいろなものを見せてあげることを心がけてください。

そのうち、子どもが大好きな場所がみつかって、そこで一緒に過ごせば会話もはずみます。

特別な時間をつくる

大きな声を出したり、走り回ったり、騒いだりすると、周りに迷惑をかけてしまう。ふだんはそんな心配をして、なかなか子どもが思い切り遊べない、といったことがあるかもしれません。

そんな環境でも、週末の昼間の時間帯なら、それほど気にしなくても良いのではないでしょうか。

休みの日の数時間、特別に騒いでも、走り回っても良いよ、というのはいかがでしょうか。

大人が遊ぶ
img-play-05-003.jpg

子どもに遊ばせることばかりではなく、おかあさん、おとうさんが率先して遊んでみませんか。

子どもの頃大好きだった遊びを子どもに教えて、一緒に遊ぶ

小さい頃、得意だったブロック遊びや、ジグソーパズルに再チャレンジ

大人が楽しんで遊んでいるのを見せるだけで、子どもは楽しい気分になるかもしれません。

img-play-05-004.jpg

いかかでしょうか。

お休みの日に、いつもより時間をとって子どもと遊んでみませんか。

子どもが熱中していたら、多少服が汚れても、部屋を散らかしても、気にしないで十分楽しませてあげましょう。

せっかくのお休みの日ですから、おかあさん、おとうさんもリラックスして、過ごせると良いですね。

▲ ページTOPへ