親になる前に 〜児童虐待の要因と解決策について

いじめ・体罰との共通性

経済的な問題
いじめ・体罰との共通性

余談ですが、教師の生徒に対する体罰や子ども同士のいじめも同じような心理構造があるように思います。教師が生徒に対し一所懸命指導するあまり、つい興奮して手をだしてしまった、というような私自身『やってしまうかも』というような事例もありますが、暴力を生徒に服従させるための手段としてスキル化してしまっている同情の余地のない事例もあります。同じ職業であることを情けなく思いますし、体罰の被害生徒が自殺する事件のあった大阪の教員としては、食い止めるべき大きな課題であると思っています。さらに暴力の被害生徒が、暴力を人を自分に従わせる有効な手段として認識し、職場では後輩をいじめ、家庭ではDV・児童虐待を行う加害者になってしまう。そういうことも防ぐことを意識してこの授業を行っています。

いじめ・体罰との共通性

また子どものいじめも、“誰か”からいじめられているから、自分も誰かをいじめて、自己の尊厳を守るという構造の基本は同じですが、こういうこともあります。

親から暴力を振るわれている子どもの学校での態度は2タイプあります。学校でも殴られないかとビクビクする子と、学校では人を殴って憂さを晴らしてやろうとする子。同じクラスに2タイプの子がいると、暴力で発散しようとするタイプの子がビクビクしている子の様子を見ると家庭での自分を思い出し、非常に癇に障り、激しいいじめとなるということがあります。

経験上、そのあたりをよくわかって指導しないと生徒を良い方向へは導けないように思います。

また根本的な要因となる“誰か”とは、たいていその子を虐待している親もしくは教師(暴力教師や子どもの心に寄り添うことのできない教師、わからない授業で生徒を放ったらかしにしてしまう体制など)でしょう。子どもに罪はない。あるのは親や教師ではないでしょうか。

▲ ページTOPへ