親になる前に 〜児童虐待の要因と解決策について

今どきの・・・

幼い子どものいる若い先生方に、「今の時期、大変やね」と育児にまつわる話をしている中で、「ぜんぜん泣き止まない!どうしよう!!」とSNSに挙げると、いろんな人から「頑張って」とか「こうすれば良いよ」などのアドバイスとかが即座に送られてくると聞きました。
このブログが入っているサイトもそうですが、指先の操作ひとつで解決できることも、とても多くなっているのを実感します。私はSNSはしませんが、うまく使えば孤立感の解消に、ものすごく役立ちそうです。

職場が横浜で、離れて住む長女が「一人カラオケによく行く」という話を聞いた時に、『カラオケに一緒に行く友達も、向こうではいないんだ』と、その孤独を思って、ものすごく心配したのですが、私の職場の若い人に聞くと「私も一人カラオケによく行きますよ」と。「えっ、そうなん?何で一人で行くの?」「気楽だし、自分の好きな曲が歌えるから」「若い人は、そういうの多い?」「はい、別に普通ですよ」「へーーーーっ、そうなん!!」とびっくりしました。
歌いながら、ネットに『今、一人カラオケ!』ってアップする。即、誰かから反応が返って来る。だから淋しくないし、楽。
一方で、生身の人間の付き合いは、どんどん希薄になってきている。
人付き合い全般が変容し、孤立・孤独に関する感覚も変容してきているようですね。
新しい形の支援を生み出すために、私もSNS、しようかな。

今どきの・・・

▲ ページTOPへ